歯周病・予防クリーニング

歯周病

歯周病は歯垢の中に含まれている「歯周病菌」が、歯の周りで歯を支える役割をしている歯肉や歯槽骨に感染することで起こる病気です。歯周病は進行すると歯肉・歯槽骨が破壊されていく恐ろしい病気です。
歯周病は「静かなる病気」と言われ、自覚症状の殆ど無い病気。そのため気づいた時には手遅れで、重度の歯周病にまで進行していたということが多いことも特長です。
歯周病はむし歯と並び、口腔内の2大疾患の一つ。感染者数が人類史上最も多い感染症とされています。

歯周病の進行

歯周病は大きく分けて歯肉炎と歯周炎に分けることが出来ます。

  • ・歯肉炎:歯周病の初期段階。部分部分で歯肉が炎症を起こしている状態です。
  • ・歯周炎:歯肉のみならず、歯周組織や歯槽骨も炎症を起こしており、歯槽骨が破壊された状態です。

歯周炎が進行すると、最後には歯が抜けてしまいます。非常に重度の歯周炎は治療が困難な為、治らない場合もあります。

健全な歯肉
人の歯と歯肉の間には「歯肉溝」と言われる溝が健康な状態でも約1mm~2mmあります。磨き残しなどで、食べかすなどが残っているとそこに細菌が付着し歯垢(プラーク)が形成されます。
歯肉炎
形成された歯垢(プラーク)が取り除かれずにそのまま残っていると歯垢が石灰化していきます。これが歯石です。歯石と歯垢によって歯肉が赤く炎症を起こします。歯肉から出血したりします。
歯肉炎は徐々に細菌の毒素により接合部が破壊され、歯肉溝が深くなります。こうして深くなった歯肉溝を歯周ポケットと言います。
歯周炎
歯周炎が続くと、歯を支える役割をする歯槽骨を含め歯周組織が破壊されます。重度に進行した歯周炎は歯がグラグラし、膿を出します。この膿が口臭の原因になったりします。そして最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病治療・予防クリーニング

歯周病治療・予防クリーニング

スケーリング

スケーリングはスケーラーと呼ばれる特殊な器具を使用し、歯磨きだけでは取り除くことの出来ない「歯石」や、取り除けていない「歯垢(プラーク)」を除去していく治療法。歯石は直接的には歯周病の原因とはなり得ませんが、歯石は凹凸があり、そこに歯垢(プラーク)が付着しやすくなります。そうなると歯周病菌が増殖してしまい、歯周病が進行してしまいますので歯石の除去を行います。スケーリングを行うと歯または歯肉を覆っていた歯石がなくなるため、一時的に歯が小さくなった感覚や冷たいものがしみたりしますが一時的ですのでご安心ください。

ルートプレーニング

ルートプレーニングはスケーリングだけでは除去しきれない歯周ポケットや歯肉に隠れた歯石・歯垢(プラーク)を特殊な器具によって除去。その後、歯垢(プラーク)が再び付着しづらいよう歯の表面をフラットにしていく治療法。

フラップオペレーション

歯周病外科処置(フラップオペレーション)とは前述のスケーリング、ルートプレーニングだけではすべての歯石を取り除くことが出来ないほど歯周病が進行し、歯周ポケットが深くなっている場合に行う治療です。歯肉を切開し、歯根の表面に付着した歯石や歯周病細菌により汚染された歯肉などを除去する治療法です。

予防歯科治療

フッ素塗布

フッ素塗布は歯の表面の歯質を強くする効果のある「フッ素」を歯に塗る処置。フッ素は歯の再石灰化を促進させます。いつ受けて頂いても効果はある処置ですが、乳歯の前歯が生える1歳頃から定期的に継続して受けていただくと効果的です。フッ素を塗るだけの処置ですので痛みもありません。

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は歯医者にて専用の機器を使い行う「本格的な歯のクリーニング」です。高度なスキルで徹底的に歯に付着した汚れや歯垢(プラーク)、歯石を除去し、むし歯や歯周病を予防します。定期検診と組み合わせ定期的に受けていただくと高い確率でむし歯や歯周病を予防できます。

ブラッシング指導

毎日の歯磨き。きちんとブラッシングしているつもりでも意外と磨き残しがあるもの。歯周病対策には歯医者での処置も重要ですが普段からのブラッシングがもっとも重要です。歯ブラシの持ち方、磨き方、回数、圧など効果的なブラッシングをしっかりとお教えします。

定期検診

お口の健康を守るため、定期検診をお薦めしております。口腔内の異常、初期症状のわかりにくい歯周病なども早期発見が出来ます。2大疾患の一つ「むし歯」も初期段階で見つけることが出来れば治療も短期間で済みます。

ページの先頭へ