インプラント治療

インプラントとは

歯を失ってしまった患者様にとって「第3の歯」と言われるのがインプラント。インプラント治療では歯を失ってしまった箇所の顎の骨の中にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着します。チタンは生体親和性が高く、顎の骨にしっかりと結合するため、天然歯に近い噛み心地を得ることができ、セラミック製の人工歯により自然な見た目も手に入ります。

imp_img01

インプラント料金の目安

インプラント手術 150,000円~(税別)
上部構造 200,000円~(税別)

当院におけるインプラント治療

imp_img02

カルシテックインプラント
インプラント治療では、自分の顎の骨に「インプラント体」を埋め込むことになります。自身の顎の骨と相性の良いインプラント体を選ぶことはとても大切なことです。
カルシテックインプラントはアメリカのカルシテック社が製造しているインプラント体。カルシテックインプラントの特長は表面をHA(ハイドロキシアパタイト)コーティングサれていることです。ハイドロキシアパタイトは骨の無機質大部分を占めているもの。インプラントの表面をハイドロキシアパタイトでコーティングすることで、インプラントと顎の骨との結合を積極的に促します。顎がやせ細っている場合や骨質が悪い場合などでも適用できます。
IATインプラント
IATインプラントシステムは「総合的な口腔機能の再建」をコンセプトに、全工程を無理なく安全に施術できるように体系化されたシステム。インプラント体の表面を純チタンワイヤ電極による放電加工により、規則正しい放電痕と傾斜機能構造の酸化膜で構成。体液や血液との濡れ性が極めて高いため顎の骨へ埋め込み後、骨再生のための生体反応を促進させます。
CTについて
インプラント治療において重要な一つの要因がCT撮影(3次元画像解析)。
治療を行う顎の骨の形状や密度を確認し、適切な治療計画の立案はインプラント治療の成功率を高めます。従来より使われているレントゲンでは得ることの出来ない3次元の情報はインプラント治療には必要不可欠です。当院で治療の場合は提携病院にてCT撮影を行っていただきます。
日本口腔インプラント学会 認定医
インプラント治療は歯科治療の分野の中でも非常に専門性が高いと言えます。そのため当院でのインプラント治療の場合には「日本口腔インプラント学会 認定医」の先生をお招きし、インプラント埋入手術を行っております。豊富な実績と経験を持つ先生による高レベルの治療技術をご提供いたしておりますのでご安心ください。

ページの先頭へ