一般歯科治療

当院で治療を行うメリット

一般治療

一般治療は主に、虫歯や根管治療など多くの患者様にとって身近な治療内容です。長い期間、通院しないためには早期発見、早期治療が重要となり、予防の観点からも治療後は定期検診をお勧め致します。
多くの治療が保険診療で行えますが、治療後の日常生活でのメンテナンス性や見栄え(審美性)を考慮し、保険適用外の提案も行う場合もあります。必要な治療を見つけ出すためには患者様とコミュニケーションが必要です。当医院では安心してお話ができる「完全個室」の治療空間と、患者様一人一人への治療に関する丁寧なご説明を行っております。

むし歯

むし歯とは「むし歯菌が出す酸」によって歯が破壊されていく病気。この疾患は口腔内の2大疾患の1つです。(もうひとつは歯周病)
このむし歯は自然に治らない上に、そして一度むし歯で失った歯は元には戻りません。
※初期の虫歯の場合、毎日の歯磨きなどをしっかり行っていると進行しない場合もございます。

むし歯は早い段階で治療を始めれば、負担の少ない治療が可能です。しかし、歯の異変を放置し、大きく進行したむし歯は歯の根(神経)の治療が必要となり、最悪の場合は抜歯をしなければならなくなります。歯に少しでも異変を感じたらお早めに歯科医院へお越し下さい。

むし歯の進行

むし歯 C0
ごくごく初期のむし歯です。歯の表面にあるエナメル質が少し溶け出し、白く濁って見えます。痛みなどはありません。
むし歯 C1
エナメル質が溶け歯の表面が黒く見えている状態です。この段階でも痛みは出ないことがほとんどです。
むし歯 C2
むし歯が象牙質まで進行した状態です。この段階では冷たいものにしみたり、痛みを感じることも有ります。この段階の治療では麻酔を使うことが多いです。
むし歯 C3
むし歯が歯髄と呼ばれる神経まで進行した状態です。この状態は噛むと痛みがあり、時に激しい痛みを感じます。歯髄が虫歯菌に汚染されているため根管治療が必要です。
むし歯 C4
歯冠が大きく壊れ、歯根までむし歯が進行した状態です。この状態では既に神経が死んでいるため痛みはありませんが、根の先端の周辺に膿がたまることも多いです。抜歯してしまうことが多く、抜歯しない場合は根管治療が必要です。

ページの先頭へ