入れ歯・義歯

入れ歯・義歯について

art_img01

歯を失った際のポピュラーな治療として「入れ歯・義歯」がございます。入れ歯・義歯は不便で使いづらいイメージをお持ちではありませんか?最近ではそんなイメージを無くす入れ歯・義歯も登場しており、きちんと手入れをしながら使って頂ければ、快適に長くお使いいただくことが出来ます。

保険診療、自費診療の違い

入れ歯・義歯にも保険診療と自費診療がございます。一概にどちらが良いとは言えず、それぞれにメリット・デメリットがございます。入れ歯・義歯の本来の目的である「噛む」機能の回復は保険診療でも十分回復ができます。ですが、つけ心地や耐久性など機能性は、自費診療には及びません。
重要なのは患者様がどんな要望があり、ご予算のご希望はどのくらいなのか。加えて、現在の口腔状態を見ながら患者様一人一人にとってベストな提案と選択をしていただくことです。

当院における入れ歯・義歯治療

レジン床義歯

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の義歯です。多少厚みがあるため食べ物の温度が感じにくくなり、人によりますが多少の違和感を感じる場合もあります。機能的には自費診療のものと比べると劣る面がありますが、本来の目的である「噛む」機能の回復は十分に果たすことが出来ます。健康保険が適用されますので安価に治療ができます。

レジン床義歯

金属床義歯

歯肉に触れる部分が金属素材で作られた自費診療の義歯です。薄い割に強度が高く、湾曲や破損の恐れや装着時の違和感もほとんどありません。熱伝導性も高いため、食べ物の温度を感じやすいという特長もあります。自費診療ですので費用はかかりますが、見た目や快適感など満足感は十分得られるものと思います。使用する金属によって機能や見た目に多少違いが出ます。

金属床義歯

ノンクラスプデンチャー

金属製のクラスプを用いず、素材の弾性を活かして固定する部分入れ歯。審美性に優れ、支えとする歯にもダメージを与えません。見た目以外にも清掃のしやすさや優れた装着感など生活面でのメリットも有ります。

ノンクラスプデンチャー

メタルフレーム入りノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーにメタルフレームを併用することで、より薄く、安定します。見える部分にはノンクラスプデンチャーを使用し、見えない裏にはメタルフレームを使用し審美性は保ちつつ、より快適に幅広くお使いいただけます。

ノンクラスプデンチャー

ページの先頭へ